Search

岐恵木工・吉田

GIKEIMOKKOU ・ YOSHIDA

concept

日本の木をこれからのくらしに

日本は世界有数の森林大国です。しかし豊富な森林資源があるにも関わらず、くらしの中の木の多くは輸入に
頼っています。日本の森林の約半分は戦後植えられた人工林でその多くが建築利用目的で植えられた針葉樹、
スギやヒノキたちです。しかし近年生活様式の変化などから日本の針葉樹の需要は年々大きく減り日本の林業、
製材業が衰退し続け日本の大きな環境問題に発展していることは言うまでもありません。林業の衰退は、後継
者不足、材料の価格低迷などの問題から森林の整備が行き届かず、自然災害へと大きく広がっています。
今、森は適切な間伐や、手入れを必要としています。

くらしの中で ‘日本の木を使う’ こと

それが森、自然、地球、わたしたちのくらし、そしてこどもたちの未来を守ることにつながります。
緑豊かなわたしたちの地元の森、日本の森、そして自然、環境、こどもたちの未来を守っていくにはどうすれば
よいか、何が必要かを考え、わたしたちは日本の針葉樹を使った新しい木の素材を創りました。

日本の針葉樹と現代のくらし、森と人、人とひと。  それらを結ぶ役割になれば

これが“結粋”のなまえの由来であり、コンセプトです。
新しい木のかたちと表情、木のもつ柔らかさ、温かさがくらしに豊かさをもたらせてくれることを願います。



岐恵木工・吉田   代表 吉田 清
© 2017 岐恵木工・吉田 . All Rights Reserved.