Search

岐恵木工・吉田

GIKEIMOKKOU ・ YOSHIDA

about

about 結粋

ソリ・ネジレの少ない結粋の特徴

岐阜県の南東部に位置するきれいな水資源に囲まれた、自然豊かな中津川市付知町に岐恵木工・吉田は
あります。この地方は寒暖の差が激しく、長い年月をかけ成長した年輪幅の少ない良質な長良スギ・東
濃ヒノキなどが豊富に育つ環境です。
また古くから伊勢神宮の御神木に使われるヒノキが育つ環境でもあり、御神木の里として全国に知られ
てきました。
これまで地域資源である長良スギ・東濃ヒノキは主に住宅用構造材(柱、板材)として利用されてきま
したが、小径木であるがため、薄板状にするとソリ・ネジレが出やすいという問題などからインテリア
製品などへの利用は限られていました。
また、住宅用構造材として利用できる木材も、形状・品質などが大きく制約され品質の悪い素材、構造
材に活用した端材などは利用されていない現状があります。
一般的な小径木の接合板は、製造後の経年変化等により、ソリ・ネジレ等が発生しやすく、大きな外力
が掛かると割れや裂けネジレの恐れがありましたが、新たな製造技術開発(特許取得)により、ソリ・
ネジレの少ない、これまでにない新しい表情を持つ接合板を開発しました。
この技術により針葉樹のインテリア製品等への新たな用途開発を可能としました。
また、利用間伐材を使用し、資源の有効活用にもつながり山林管理への貢献など、森、環境にも優しい
素材です。
従来の木工製品、家具などは大きく分けると無垢材や集成材(合板含め)を用い製造されています。 
無垢材の製品は、木の質感がそのまま伝わるのという良さはありますが、品質が不安定、デザインの制
約、コスト高などのデメリットがあります。一方、集成材は品質安定・低価格というメリットはありま
すが、木の良さ、質感が少し損なわれてしまいます。  
結粋の素材は、スギ・ヒノキなどの針葉樹を利用した接合板で、木の良さを損なわず、ソリ・ネジレが
少ないなどの機能性を向上させた、これまでにない無垢材と集成材の中間に位置づけられる新しい木の
素材です。
本開発・製品をきっかけに、これまでインテリア製品にあまり使われていなかった国産の針葉樹が多く
の日本人に見直され、流通し、しいては日本の林業の衰退をくい止め、森林保全・環境保全に繋がるこ
とを願います。


岐恵木工・吉田
代表 吉田 清
508-0351 岐阜県中津川市付知1891-1
tel : 0573-82-3530  /  fax : 0573-82-4711
e-mail : k-yoshida@gikei.jp  /  http://gikei.jp

下記WEBでも詳細をご覧いただけます。↓
http://gikei.jimdo.com
© 2017 岐恵木工・吉田 . All Rights Reserved.